『HERO』木村拓哉主演の傑作ドラマの映画劇場版 第1弾 第2弾 再放送はときどきあるのでお見逃しなく!

『HERO』木村拓哉主演の傑作ドラマの映画劇場版 第1弾 第2弾 再放送はときどきあるのでお見逃しなく!
『HERO』木村拓哉主演の傑作ドラマの映画劇場版 第1弾 第2弾 再放送はときどきあるのでお見逃しなく!

木村拓哉さん主演の東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』のテレビ放送高視聴率、フジテレビドラマ「教場」高視聴率、ドラエモンの初アフレコ、CD発表と、、、最近のキムタクさんの活躍が凄いです。

個人的には木村拓哉さんの劇場版とテレビ版「HERO」が印象的です。

フジテレビではテレビ名作ドラマ「HERO」の再放送をときどき放映中されます。
そして、木村拓哉主演の劇場版「HERO」2作品の再放送もときどき視聴できます。

映画『HERO』
■劇場版第1弾
■劇場版第2弾

名作ドラマ「HERO」の劇場版第1弾と第2弾、面白さは保証します。

ということで木村拓哉主演の劇場版「HERO」にスポットをあてて語りたいと思います。

木村拓哉主演の映画『HERO』劇場版第1弾、劇場版第2弾 / テレビドラマ、大傑作ですので再放送の際はどうぞお見逃しなく!

映画『HERO』劇場版第2弾

劇場版第2弾『HERO』(ヒーロー)は、2015年7月18日に公開された木村拓哉主演の日本映画。

フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『HERO』の映画版第2作となります。

ドラマシリーズ第2弾のレギュラーメンバーはそのままに、松たか子さん(雨宮舞子)も登場し、決して踏み込んではならない「大使館」という“絶対領域”を舞台に描く2015年公開の映画を、テレビではときどき放送しますのでテレビ番組欄は要チェックです。

こちら簡単なアラスジ。

交通事故死した女性は靴を履いていなかった。小さな不審点と思われた疑問の真相をつき止めようとした久利生検事たちは、その謎の先にネウストリア公国の大使館があることを知る。
粘り強く捜査を続ける久利生たちの前に立ちはだかる、外交官特権の壁。さらに、大使館職員の関係する不法行為の疑惑と絡み、久利生に迫る危機。被害者のため、また被疑者のためにも、真実を明らかにしたいと、妨害にも屈せず、粘り強く捜査を続ける久利生たちの執念は国境を超えることができるのか。
久利生と城西支部の面々、そして雨宮の情熱は、外務官僚や大使をも動かしてゆく。
引用:ウィキペディア

映画『HERO』劇場版第1弾

劇場版第一作目は2007年9月8日に公開、タモリさんが出演!

当時2007年公開の日本映画では堂々の興行収入第一位をたたき出しました。

さすがキムタクです。

ラフな格好で好きなように仕事する久利生 公平(木村拓哉)、しかし持ち前の正義感で難事件を解決する久利生に視聴者は拍手喝采してしまいます。

私長年サラリーマンやってきてますが、久利生の仕事ぶりにそんなことありえねーと思いながらも、仕事はきっちりこなす自由奔放な久利生にあこがれを抱いていたのかもしれません。

簡単なストーリー
型破りな検事、久利生公平(木村拓哉)が事件解決に挑む姿を描いたドラマの劇場版第1弾。
東京地検城西支部に再配属された久利生は、傷害致死事件の裁判を任される。
容疑者はすでに犯行を認めていたが、初公判で主張を一変させ、犯行を否認する。
この事件の裏にはある大物政治家(森田一義)の姿があった。
引用:ウィキペディア

スペシャルドラマ・2006年放送「HERO」

僕はドラマも劇場版も全て見てますが、何度見ても面白い「HERO」、ドラマも劇場版も名作ぞろいです。

こちらのドラマも映画も再放送のさいはお見逃しなく。

主人公久利生公平と木村拓哉が見事に重なって見えるわけですから、面白くないわけがありません。

「HERO」時系列まとめ

●「HERO」(2001年放送)

●「HERO」(スペシャルドラマ・2006年放送)

●劇場版第1弾『HERO』(ヒーロー) 2007年9月8日に公開

●「HERO」(2014年放送)

●劇場版第2弾『HERO』(ヒーロー) 2015年7月18日に公開

中村 美鈴(大塚寧々)と芝山 貢(阿部寛)が映画・テレビでは不倫の中でいるのが当時はコミカルに演じられていたわけですが、今のご時世ではどうなんでしょうかねー。

久利生公平はメチャ格好良くて大好き

正直キムタクさんの好き嫌いあるのですが、「HERO」シリーズの木村拓哉さん、と言いますか、久利生公平はメチャ格好良くて大好きです。

ああいった自由奔放な仕事ぶりと私生活が理想的ですが、なかなかあんな風にはいきませんね。

ありえない型破りの検事さんに会ってみたいものです。