ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画? 全てが見事に調和した大傑作でした!

ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画? 全てが見事に調和した大傑作でした!
「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画? 全てが見事に調和した大傑作

映画好きにとって飛行機の国際線の機内映画サービスってこの上ない楽しみなんです。

なんせ画面は小さく音質も悪いものの、まわりのディスターブ(邪魔)なしに映画鑑賞を味わえ、さらに日本公開前の最新映画を見ることもできる、素晴らしいですね。(僕だけですかね!?)

タイへの海外出張のとき、行きの羽田からバンコク、帰りのバンコクから羽田のJALの飛行機内ではまさに映画三昧でした。

移動時間は片道約6時間なので、往復12時間で計6本鑑賞できました。

日本公開よりも先に鑑賞できて、運行運賃には含まれますが表面的には無料、僕の国際便での飛行機移動中の楽しみは映画鑑賞です。

海外出張の国際線の機内で観た「カメラ止めるな!

口コミで大ヒット!ネタばれ厳禁の大傑作でした!

語ってはいけない本作をネタバレしてでも語りたい、そんな衝動にかられました。なので、語ります(笑)

まだ見てない人は最後の方の記事は読まないでくださいね。

それでは、 「カメラを止めるな!」はゾンビ映画? コメディ映画? 家族再生映画? 全てが見事に調和した映画でした! を始めます。

「カメラ止めるな!」 久しぶりに見た傑作

ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想!  ゾンビ、コメディ、家族再生映画?
ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画?

素人の持論ですが、映画は、基本、脚本(ストーリー)と思ってます。

脚本が上手く行けば、低予算でも映画は成功する。

アイデアの勝利!そんな映画でした。

なんせ低予算300万円で作った、にもかかわらず映画的には大ヒットして大傑作です。

封切り当時はたったの2館から始まり、全国へ拡大公開、そして僕は空の上、飛行機の中で観ました(笑)

興行収入 30億円 突破
観客動員数 200万人 突破

執筆時でのデータです。すごい!大成功ですね。

「カメラ止めるな!」 ヒロイン<秋山ゆずき>をはじめ、無名なのに超個性的な出演者たちの面々

ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想!  ゾンビ、コメディ、家族再生映画?
ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画?

冒頭から血まみれになって登場の、秋山ゆずきちゃん、とってもかわいかった。

最後には頭から全身血まみれです。

撮影ご苦労様でした。

「第31回東京国際映画祭」での六本木ヒルズでは純白のドレスが、映画の血まみれシーンのと対照的で、こちらも印象的でした。

すいません、出演者たち、誰も存じ上げていません、いわゆる無名の俳優さんたちばかりでしたが、みなさん実に個性的です。

■ヒロイン 秋山ゆずき とにかく可愛いいしセクシーでした。お仕事増えて良かったね。個人的には重盛さと美に少し似てる、と思う。
■主役の監督  濱津隆之  家庭でも仕事でも悲哀あふれているのに、爆発する演技が最高。
■監督の奥さん  真魚  元女優。役に没入して女優を止めた経緯有り。そこもネタなんです。
■プロデユーサー  竹原芳子  すごく個性的なお顔。道ですれ違っても絶対二度見してしまうほどです。
■本物の監督  上田慎一朗  監督・脚本・編集。次が勝負ですね、再度大傑作を待ってます。

他にも個性有りすぎの役者さんたちが勢ぞろい。でもほとんど無名なんですよね。

濱津隆之さんの活躍が際立ってますね。ドラマ・CMと出まくってます。売れてよかったですね。

そして、竹原芳子さんこと、どんぐり! 一度見たら忘れられない役者向けのお顔です。こちらもCM出演ほか活躍の場が大幅に広がりましたね。

注意:「カメラ止めるな!」語れば、語るほどネタバレになってしまう

※ここからはネタバレギリギリセーフになりますので、まだ見てない人は読まないでください。

しかし予告編さえもネタバレという異常さ!

37分のワンカットシーンをカメラが撮る、その撮影シーンを別のカメラが撮っている、さらにその撮影シーンを別のカメラが撮っている、という多重構造になっています。

その1つ1つの重構造が、実にうまーく破綻なくできている。

実に見事です。

冒頭の37分ワンカットシーン、人里離れた山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していると、そこに本物のゾンビが出現、狂気の監督はそれでもカメラを止めずに撮影を強行。

映画出演者は次々に襲われゾンビの餌食にされてしまい、最後にヒロインが生き残って建物の屋上に立ち上がると、そこは魔法陣の中心だった、で終わり。

これで最低限のストーリーは出来上がるのですが、これからが映画の舞台裏に代わり、監督たちの私生活も含め、映画撮影舞台裏へと、真の物語は始まっていくのです。

ネタバレ、ギリギリOKかな? ここまでにしておきましょう。

「カメラを止めるな!」 ゾンビ映画は逆に人間くさいドラマな訳

ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想!  ゾンビ、コメディ、家族再生映画?
ネタバレ注意 「カメラを止めるな!」感想! ゾンビ、コメディ、家族再生映画?

冒頭、国際便での飛行機移動中の楽しみは映画鑑賞ですと書きました。

閉鎖空間で何もできない飛行機の中で映画観ると、ものすごく集中力が沸いて、地上にいるときよりも映画を楽しめます。

数ある映画のジャンルでゾンビものって、バリエーションが多くて、けっこう傑作が多いです。

映画ではありませんが大ヒットテレビドラマのウォーキングデッド、シーズン10までいってますが、こちらも大傑作ですね。

ゾンビもんって、人間対ゾンビの戦いなんですが、結局人間ドラマに落ち着くという、実に人間臭い物語なんだなあと最近思ってます。

ネット上、けっこう「カメラを止めるな!」にアンチがいるのには逆に驚き!

私には、実に面白かったし、単純に大いに楽しみました。

さて、この記事のタイトルに戻ります。

「カメラ止めるな!」はゾンビ映画? コメディ映画? 家族再生映画? 全てが見事に調和した映画でした!

私の記事タイトルがすでにネタバレしてました(笑)


最新映画が!名作が!話題作が!
今すぐ観られる!!
映画見るならU-NEXT

◆31日間無料トライアルの特典◆
1)見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
2)600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!
3)追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題!

ABOUT US

映画大好きなテリーと申します。 映画のアラスジやネタバレ、この人は誰?どんな人物なの? などと気になることがたくさん出てきます。その時は気になって調べるのですが、そのうち忘れてしまいます。なので、自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、映画をメインに、感想・考察・人物・疑問点にフォーカスしてブログを始めることにしました。 僕の映画に対する態度は 「映画は総合芸術なので五感を使って楽しんで観よう!」 であり、いたってシンプルに楽しめたかに尽きます。 高度で高尚な映画鑑賞レビューはできませんが、みなさんが映画を楽しめることを願って記事を書いてます。 それでは、お楽しみください!